生え際の抜け毛が多くなる理由は?

抜け毛・薄毛に悩む人の中には、生え際が特に気になるという人が多くいますが、なぜ生え際からの抜け毛が多くなるのでしょうか。

 

生え際からの抜け毛が多くなるというのは、実はAGAの典型的な特徴と言われています。AGAというのは男性型脱毛症と言われるもので、毛周期が正常に機能していない状態をいいます。

 

毛周期とは毛の生え変わりのサイクルの事で、成長期、退行期、休止期の3つの期間に分かれています。またダイエットは空腹時などホルモンに影響が出やすいため男性ホルモンなど遺伝的な面とダイエットによる抜け毛など生活環境によるタイプと大きく分かれてくると思います。

 

ヘアサイクルとして、成長期は3年から7年、退行期は約14日間、休止期は約90日間というのが正常な毛周期であり、このサイクルを通常は繰り返しています。

 

抜け毛対策のポイントはヘアサイクルの正常化

何らかの理由により成長期が短くなって抜け落ちてしまうのがAGAで、太く成長する前に抜けてしまい抜け毛が増えていきます。AGAは正しいケアをしていかなければどんどん進行していきますから、抜け毛が気になる場合は適切な処置が必要になってきます。一番ケアとしてポピュラーなのはシャンプーでヘアサイクルを正常化していくことです。

 

特に髪でも頭皮の状態が一番重要なので、頭皮ケアに良いアミノ酸系シャンプーを使用していくことがヘアサイクルを正常化していく上で大切になってきますし、抜け毛の量を減らしていく上で大切です。育毛剤も活用していきたい場合には、こちらの女性の抜け毛を解消する育毛剤ガイドを見ていくとよいでしょう。

AGAによる生え際の抜け毛

AGAで抜け毛が多くなるのは男性ホルモンが大きく関わっていると言われています。

 

男性ホルモンのテストステロンが、毛根周辺から分泌される5aリダクターゼという酵素と結びつく事で、ジヒドロテストステロンという男性ホルモンに変化してしまう事がAGAの原因であるといいます。

 

このジヒドロテストステロンが毛周期のトラブルを引き起こしているのです。

 

生え際や頭頂部は男性ホルモンテストテロンの影響を受けやすいと言われているので、この部分の抜け毛が多くなりがちだと考えられています。

 

では、生え際の抜け毛を減らすにはどうすればいいのでしょうか?

それにはAGAの原因と考えられている、ジヒドロテストステロンを生成させないようにする事が必要です。
また、5aリダクターゼという酵素を抑える事も有効ですし、正しいヘアケアをする事も重要です。

 

生え際の薄毛や抜け毛は男性だけのものだと考えられていましたが、女性もAGAを発症するという事が分かって来ました。
女性のAGAは更年期の頃に発症する事が多く、ホルモンバランスが崩れ男性ホルモンが過剰になるために発症するのだといいます。

抜け毛対策に必要なヘアサイクルとは?

ヘアサイクルとは、髪の毛が生え変わる周期の事を言います。
ヘアサイクルを学ぶ事で育毛も更に手ごたえを感じる事が出来るのではないでしょうか。

 

髪の毛は、一定のサイクルで生えたり抜けたりを繰り返しています。

 

元々髪の毛は、毛母細胞が分裂して作られるものです。これがある程度成長すると退行期になり成長が止まり、そこから更に抜け落ちて休止期となっていくのです。

 

毛根はこの様に、活動と休止を繰り返しながら髪の毛を作っています。

 

髪の毛の成長と休止は基本的には三か月単位で行われています。
しかし、ヘアサイクルが正常でいない頭皮環境では、髪の毛が十分に成長する前に毛根が成長を止めてしまったり、想像よりもずっと早く髪の毛が抜け落ちてしまいます。

 

通常であれば、人の髪の毛の寿命は女性で4年から6年、男性で2年から5年だと言われています。
成長期だと更に髪の毛は成長し、年齢と共にどんどん短くなっていくのです。

 

髪の毛の伸びる速さの平均は一日0.4mm程ですが、これも個人差が大きいでしょう。

 

男性であれば、20歳を境目にどんどん髪の毛が伸びるスピードは短くなってしまいます。

 

ヘアサイクルが乱れていると、髪の毛の成長スピードも毛根の成長期もおかしくなり、どんどん髪の毛の量が減ってしまうでしょう。
通常であれば成長段階の時期でも、どんどん髪の毛は抜け落ちてしまいます。

 

抜け毛対策を行うなら、まずはヘアサイクルを気にする所から初めて見ては如何でしょうか。

 

今では自宅で出来る育毛剤などの情報などを含めると育毛シャンプーやサプリなどのグッズから食事など生活習慣など以前よりもグッズが多く種類が選べるようになってきました。スタイルなどに合わせて選んでいくと長続きするコツになります。